FF7

任務と私情の狭間で(後編)

本作は【任務と私情の狭間で(前編)】の続編です。 去来する記憶 大切なものを失ったとき、人間はその価値を知って慟哭どうこくするという。 そして、悲壮と後悔の念に苛まれるという。 私に関して言えば、今の状況が、まさにそうなのだろう。 ザックス...
FF7

任務と私情の狭間で(前編)

終局への秒読み ニブルヘイムの神羅屋敷から、宝条博士の実験サンプルが逃走した。 逃亡者は2名——元ソルジャーと、そして一般兵。 科学部門からの要請により、幾人もの神羅兵が、その2名を“確保”するためにニブルヘイム方面へと向かった。 しかし、...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第15話:真実の一端

逡巡する思考 エントランスの階段を昇った二人は、まず手近な場所から探索を始めた。 客室とも寝室とも取れる部屋もあれば、完全な空き部屋もある。 どこも例外なく部屋全体が埃を被っている。 やはり、生活感などは一切感じられない。 次に、二人は書斎...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第14話:花言葉

弟切草おとぎりそうと紫苑しおん 「不思議だよね。私は知らないはずなのに、どうして知っているんだろう」 そう語るナミネは、終始無表情であった。 「この館を見た時から、知らない筈の景色が頭に浮かんでくるの。だからなのかな?この裏庭には黄色い花が...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第13話:甦る記憶

状況の整理 無人の洋館は不気味な存在感を漂わせている。 ノーバディだけが通れる結界に包まれながら。 「これが……結界?」 ナミネは目の前にある薄灰色の壁を見た。 蜃気楼のように揺れる空気の壁は、ノーバディの通過のみを許す。 その障壁に洋館全...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第12話:異端の存在

エアリスからの忠告 「彼の気持ち、私、わかる」 ナミネの隣に座る若い女性は、微笑みながらそう言った。 ロクサスが正体不明の洋館を探索し、また彼から胸の内を打ち明けられた翌日、ナミネは城の食堂で朝食を摂っていた。 その際、たまたま所用があって...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第11話:募る不信感

“アンセム”の悪行 レオンが言うには、歴代の統治者たる『アンセム』の就任時に幾度となく権力闘争が起こったという。 「初代アンセムがこの世界をレイディアントガーデンと名付けたのは、約500年前だと言われている。その500年の間に“アンセム”の...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第10話:レイディアントガーデンの歴史

偉人の言葉 後世の者達にこの世界の起源を伝えるべく、此処に我が歩みを記すものである。 かつて、戦争があった。 人々『光』を求めて戦い、その命を散らしていった。 『光』の解釈は人それぞれである。 それは資源かも知れない。 それは土地かも知れな...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第9話:幼少期の記憶

“もう一人の自分”を想って ナミネは城の一室から黄昏色の空を眺めていた。 レイディアントガーデンの空は元々赤紫色であり、太陽をハッキリとは視認できない。 そのため、夕空の色も他の世界とは若干異なる。 今朝ナミネが目を覚ました時、ロクサスはま...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第8話:悪寒と困惑

不気味な感覚 『Kairi』——カイリ。 それは、ロクサスもよく知っている名前だった。 これは単なる偶然なのだろうか。 カイリは元々、レイディアントガーデンの出身である。 そのこと自体はロクサスも知っていたが、カイリがレイディアントガーデン...