キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第7話:予期せぬ発見

謎の洋館 ロクサスとリクは、目の前の洋館を改めて観察してみた。 かなり古ぼけている感じで、とても人が住んでいるようには見えない。 外壁もかなり汚れており、長い間放置されているような印象を受ける。 門の部分描かれている抉れた逆ハート型の紋章—...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第6話:相容れない者たち

語りかける声 自分の体が——そして意識が、暗く冷たい淵へと沈み込んでいくのがわかる。 何も無く、誰も居ない——そんな場所へと堕ちていく感覚だった。 もうじき、こんな風に何かを感じるも考えることも出来なくなる。 存在することすら許されないノー...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第5話:迫害

虚しい戦い ロクサスは4体いるダークサイドのうち、一体に向かって両手のキーブレードを投げ付けた。 そのダークサイドは不意を突かれて致命傷を負ったのか、音を立てて地上へと落下し、そして消滅した。 残り3体のダークサイドのたちのうち、ロクサスの...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第4話:負の遺産

“闇”を生み出す機械 賢者アンセムが追放される以前——つまり10年以上も前に作られた可能性があるソウルイーター。 仮にそうだとして、一体誰が目の前にあるソウルイーターを作ったというのだろうか? 「少なくとも、そのソウルイーターは賢者アンセム...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第3話:犯人の行方

ソラとの会話 ソラは、妙にニコニコしながらロクサスとナミネのことを見比べている。 「もう日も暮れそうなのに、二人で何してたんだ?ん?ん~?」 キーブレードの勇者であるソラは、普段はごく普通の少年である。 しかし、彼は時々ではあるが周囲の人間...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第2話:浜辺での邂逅

この日、ナミネは朝からカイリの看病をしていた。 今朝になって、カイリが突然高熱を出したのである。 普段から活発なカイリが体調を崩すことは珍しい。 さらに都合が悪いことに、この日はデスティニーアイランドの村長夫妻が不在であった。 そのような事...
キングダムハーツ(長編小説)

【長編小説】ノーバディの運命 第1話:事件

12個の墓標が並ぶ小高いサンセットヒルの丘。 少年は一人でその場所を目指して、トワイライトタウンの街中を歩いていた。 少年が過去の戒めとして着ている黒いコートの裾が風になびく。 「なんだか……すごく久しぶりって気がするな」 少年の独り言が風...
キングダムハーツ(シリアス系)

光と闇の対話ーアクア ver.ー

本作は【光と闇の対話ーヴァニタス ver.ー】の内容をアクア視点で描いたものです。 大義と迷い キーブレード墓場での決戦後、私とヴェントゥスは星の海を漂っていたところをミッキーに助けられた。 それは私にとって、不幸中の幸いだった。 その後、...
キングダムハーツ(シリアス系)

光と闇の対話ーヴァニタス ver.ー

本作は【光と闇の対話ーアクア ver.ー】の内容をヴァニタス視点で描いたものです。 享楽の終わり 生誕の瞬間から、自分の中で満たされない『何か』があった。 だから、俺は飢えていた。 この空虚な心を満たしたい———。 その渇望は、やがて破壊や...
キングダムハーツ(ギャグ系)

勇者の反省会

光と闇の勇者が本編を振り返る 某デスティニーアイランドの本島で人気を博している、お洒落なカフェ『パオプ』。 そのカフェのテーブル席に二人の少年が座っている。 彼らの名前はソラとリク。 伝説の鍵『キーブレード』に選ばれた勇者であり、世界を救っ...